出版物が世に出るまでに関わる職業|ジョブ・フォー・ブック

印刷

管理に関わる編集

本や雑誌が完成していくなかで重要な立ち位置にあるのが編集です。編集は出版物の企画から携わり、原稿の確認や管理などを行っていきます。編集のほかにも、原稿のミスがないかをチェックする校閲のセクションもあります。

Read More >>

本や雑誌に書く人

出版に関わる仕事のなかでも、よく目立ち、花型だと言うことができるのは執筆者です。小説家などの自分の内から表現する人がいれば、記者やルポライターなど外の出来事を記事にしていく人もいます。

Read More >>

多くの人がいる

どの仕事も、一部の人だけで完結しているということはほとんどありません。ほとんどの場合、いろいろな人が同じ仕事に関わっており、自分ひとりの力ではその仕事を成り立たせることはできないと考えることができます。
それは出版業界においても同じで、とても多くの人が一冊の本や雑誌のために関わり、出版物が完成し、流通していきます。そこで目立つのは執筆者や編集の存在ですが、ほかにもさまざまな人たちが同じ仕事に関わっているのです。

もちろん出版物の中心となるのは、出版社、そしてその出版社に勤める各編集です。編集が企画を立案し、編集会議にて話し合われ、そこから本や雑誌の制作が動いていきます。
そして、執筆者の存在は欠かせません。執筆者といっても、さまざまなジャンルがあります。小説を出すのか、エッセイを出すのか、雑誌を出すのか。雑誌のなかでも、どのようなジャンルを目指すのかによって、依頼する執筆者は変わってきます。
場合によっては、イラストレーターやフォトグラファーへも依頼をすることがあります。このように「作品」を提供してくれる人がいて、出版物は成り立っています。

本や雑誌を作るためには、デザインやレイアウトを作る人も必要です。そのなかには、DTPを担当する人がいれば、本全体のデザインを担当する人もいます。
また、原稿内容にミスがないか、DTPにおかしなところはないか、企画とそぐわない部分はないかなどをチェックする校閲のセクションも非常に重要です。ミスの種類によっては、些細なものでも大きな不利益をこうむってしまう可能性があるので、こういった作業には慎重にならなければなりません。
もちろんほかにも、出版に関わっている人は多くいます。このように、多くの人の力があって、一冊の本や雑誌が作られていくのです。

デザインの分野

テキストやイラスト、写真などのコンテンツが出版物において最も重要ですが、本や雑誌として完成させるためにはデザインの分野も大切です。ページ内部などはDTPオペレーターが担当し、本全体はブックデザイナーが担当します。

Read More >>