出版物が世に出るまでに関わる職業|ジョブ・フォー・ブック

printer

デザインの分野

本や雑誌を制作し、出版していくにあたっては、中身のコンテンツが最も重要となります。どのような内容のコンテンツを発信するか、そしてそのコンテンツ内容のクオリティが高いかどうかなどがその出版物の成功の鍵を握っており、制作に際して最も多くの時間が割かれることになります。コンテンツには、基本的には記者や小説家、ルポライターなどが提供するテキスト原稿が該当しますが、雑誌であれば写真やイラストなども重要なコンテンツの一部となります。

ただ、これらコンテンツだけで出版物が成り立つわけではありません。本や雑誌として十分なものに仕上げるためには、デザインの部分も欠かすことができません。
主に内部ページのデザインの鍵を握っているのが、DTPオペレーターです。DTPはパソコン上で紙面のレイアウトやデザインをする作業のことで、現在本や雑誌を制作する際には必ず通る作業となっています。パソコンがなかった時代は、もちろんアナログ作業で行っていました。
DTP技術はかなり進歩しており、レイアウトやデザインにはかなりの自由度が生まれています。だからこそ現在は、DTPオペレーターによる出版物のレイアウトやデザインが重要な位置を占めているのです。

DTPオペレーターになるには、専門的な勉強をするのが一番の近道です。独学で学ぶよりも専門学校で学ぶほうが密度の高い学習ができるので、近くから探してみるといいでしょう。また、DTPオペレーターには資格があるので、取っておけば出版業界だけではなくさまざまなシーンにて活躍の場が広がっていきます。

DTPオペレーター以外には、ブックデザイナーがいます。ブックデザイナーは本や雑誌の見た目全般に関わる職業で、出版物の装丁から表紙のデザインまで総合的にプロデュースしていきます。ここで表紙に写真が必要だと判断すればフォトグラファーに依頼し、イラストが必要と判断すればイラストレーターやグラフィックデザイナーなどに依頼する、などの仕事の割り振りも行っていきます。
ブックデザイナーには美術的なセンスがもちろん問われますが、もっと基礎となる知識も求められます。たとえばフォントの選定や紙の選定には下地となる知識と適切なものを選ぶノウハウが必要なので、美術系の専門学校などで学んでから出版社などへ就職していく道が多く選択されています。