出版物が世に出るまでに関わる職業|ジョブ・フォー・ブック

printer

管理に関わる編集

一冊の本や雑誌が完成し、出版されるまでには、多くのセクションの人が関わってきます。普段何気なく書店で手にとっているだけでは想像がしづらいですが、記事を書く人がいれば出版物が成り立つわけではありません。
そのなかでも重要な立ち位置にいるのが、編集です。編集職はその本や雑誌の管理的な立場にあり、最初から最後までその出版物が売れるかどうかの面倒を見ていくことになります。

編集が行う仕事は、実にさまざまです。最初は企画会議に企画を提出し、出版物を制作するための土台を作っていきます。編集は責任ある立場ですので、単に好みの企画を提出するだけではいけません。書店における売り上げや世間のトレンドなども加味し、世の中にしっかり通用するような企画を作っていく必要があります。
企画がまとまったなら、いよいよ制作に入っていきます。編集自らが原稿を作成することもありますが、ほとんどの場合は執筆者へ依頼し、原稿を寄稿してもらうことになります。その執筆者とのやりとり、原稿のチェック、DTPプロダクションや印刷所への納品なども編集の仕事となります。

このように編集の仕事は重要ですが、それに近い仕事として、校閲のセクションがあります。
校閲では、上がってきた原稿にミスが残っていないかどうかをチェックする校正の作業が行われます。ある程度は執筆者と編集が直していきますが、ミスが残っている可能性があるので、チェックに精通した目を持っている校閲の存在が必要なのです。誤字脱字を撲滅することはもちろん、企画とズレている表現などがないかも再度チェックしていきます。